光学シミュレーションベース・フォトリアルレンダラー

Provided by3DS

お知らせ

KeyShotで細いスクラッチ効果の実現方法

KeyShotのモデルにスクラッチテクスチャーを貼り付けることで、細かな傷をリアルに表現できます。KeyShotでは、このような効果を簡単に実現できます。サンプルシーンを利用しつつ、以下に手順をご紹介していきます。

KeyShotの細かいスクラッチ効果

ランダムな細かい摩耗を示すスクラッチテクスチャーと、ディテールを目立たせる照明の設定を行います。

① スクラッチ効果を追加
スクラッチのプロシージャルテクスチャーを利用して「摩耗」のレベル、角度などが細かく設定できます。パーツをダブルクリックしてマテリアル設定に切り替えてから、テクスチャータブを開き、バンプチャンネルを選択し、テクスチャーのドロップダウンメニューから「スクラッチ」を選択します。



スクラッチの大きさはモデルによって異なりますが、細かな効果を得るためには、レベルをできるだけ低くしましょう。今回のサンプルファイルの設定は以下の通りになります。

  • スケール:0.02
  • バンプの高さ:-0.01
  • 密度:5
  • サイズ:1(設定 – シンナー:7 – 減衰:0.5)
  • 方向性ノイズ:1(方向を設定する – 方向フィールド:ノーマル)
  • ノイズ:0スケール:1)
  • レベル:5(レベルを拡大 – レベルスケール:1.25)


  • 上記の設定を微調整すると様々な「摩耗」の効果が実現可能です。

    ② 環境の追加・作成
    今回のサンプルシーンにはカスタムHDRIを利用しています。(ダウンロード先はこちら)HDRIエディターで追加された「ピン」ライトを利用し、ボールのスクラッチテクスチャーを目立ています。※環境の照明を直接編集できるHDRIエディターが利用可能なエディションはKeyShot Pro版のみです。

    サンプルシーン

    以下のリンクからビリヤードボールのサンプルシーンをダウンロードが可能です。是非お試しください。