光学シミュレーションベース・フォトリアルレンダラー

Provided by3DS

ブログ

KeyShot 7でライトビームを作成する方法

KeyShot 7には専用のライトビームやフォグ機能などはありませんが、KeyShotシーンにライトビームを追加するために有効な方法が2つあります。

1つ目はライトビームとなる円錐を直接モデリングする方法で、2つ目は、カメラを除く全形状を含むオブジェクト(たとえば立方体)を「シェル」として使う方法です。両方ともKeyShot 7の新マテリアル「曇りプラ」を利用します。反射インデックスを1に設定することで、霧やライトビームなどの効果をシミュレーションできます。

光源モデリング方法には柔軟性がありますが、目的パターンを実現するには特定のモデルを作成することが必要になります。こちらのリンクからSTP/X_Tモデルをダウンロードできます。

以下の画像はサンプルモデルを利用した投影ライトブームのモデルです。

KeyShotのサンプルシーンにはそれぞれの方法を利用したシーンセットが含まれています。以下のリンクからダウンロードできます。

■ モデリング方法その1:ライトビームのモデリング

上記シーンのモデルセット「Cloudy Plastic Cones」でご覧になれます。

利点

  • レンダー時間が速い
  • ビームの光効果がより速く計算される
  • ノイズが少ない
  • 霧効果がライトビームに分離される
  • 弱点

  • ビームモデリングが必要(時間がかかる)
  • ビーム形状は地面に完全に交差する必要がある
  • 精度性が低い
  • 透明形状と交差した時に不自然性
  • ■ モデリング方法 その2:曇りプラのシェルモデル

    利点

  • 正確性が高い
  • ビームそのものをモデリングする必要がない
  • 霧効果が全シーンに適用可能
  • 弱点

  • レンダー時間が長い
  • ノイズが増える
  • ビームの光効果の計算時間がながくなる
  • カメラがシェル内に設置できない
  • アニメーションは可能か?

    上記ライトビームは形状モデルのため、他の形状と同じくアニメーションが可能です。

    現在、多くのKeyShotユーザからボリュームシェーダー機能の追加に関するリクエストが増えています。ご覧の通り、KeyShot 7ではこのようなリアルな効果を実現できますが、ボリュームシェーダーが実装されれば、より簡単に実現できるようになります。KeyShot 8 では、このボリュームシェーダー機能を実装予定です。KeyShot 8 リリースまでの間、上記のモデリング方法をお試しし、ご意見をお聞かせください。